株式会社石田工業
 
ホーム
組織概要
工事内容
お問合せ
ホーム
組織概要
工事内容
お問合せ
工事内容
工事内容
工事内容 .瀬ぅ筌皀鵐疋灰▲疋螢
  新築工事、改修工事の各現場において、25φ〜600φの穴あけ工事をしております。
品質におきましては安全第一、迅速かつ的確な穿孔はもちろん、穿孔前の養生から、清掃、後片付けまで、一つ一つの作業を丁寧に行うことを心がけております。
また、下から上に向けての施工や、アンカーレスでの施工なども可能です。
工事内容 ▲瀬ぅ筌皀鵐疋灰▲疋螢
  解体工事などにおいて、隣接建物、近隣地域に振動、騒音、粉じんをあたえない為に、連続コアにて縁切切断いたします。
また、ワイヤーソー、ウォルソーなどが使用できない場所にも連続コアにて開口工事を行います。
工事内容 道路カッター
  ガス管、電気配管、上下水道等の埋設工事に伴うアスファルト舗装の切断やコンクリート、土間、滑走路の切断、工場の土間等のコンクリートの歪みによる亀裂防止の目地切りに使用できます。
低騒音ですので、夜間でも作業できます。
切削水の使用により、粉塵の心配がいりません。
排水処理もバキューム付きですので、汚れません。
深さ45cmまで可能です。
工事内容 ワイヤーソー
  コンクリート構造物の解体に伴う騒音・振動・粉塵といった問題の中で活躍するのがこのダイヤモンドワイヤーソーです。
油圧駆動式のため、騒音、振動がなく、切削水を使用する為、粉塵の心配がいりません。
窓・ダクト・ドア・換気扇の各種開口工事から大型の鉄筋コンクリート構造物の切断、解体といった幅広い作業が可能です。
工事内容 ウォルソー
  ダイヤモンドウォールカットは、窓・ダクト・ドア・換気扇等の各種開口工事から大型の鉄筋コンクリート構造物に使用が可能で、消音ブレードの使用により低騒音で作業が行えます。
又、切削水を使用する為、ホコリの心配がいりません。
工事内容 非破壊検査(コンクリートX線探査)
  現在、改修工事等の各現場においてコア穿孔工事を行う場合、コンクリート(床、壁など)に埋設されている電線管や鉄筋、LANケーブル等が障害になります。    
それらの切断トラブルの回避、正確な埋設状態の確認の為に、内部レントゲン探査をお勧めします。
X線検査とは・・・・X線発生装置から照射されたX線がコンクリートを通過することにより、その内部情報が裏側にセットされたフィルムに写し出されます。医療用に使用されているレントゲン撮影と原理は同じです。
特長・・・・・コンクリート内部の埋設物の位置及び状態を正確に把握できるため、電気配線などの切断トラブルを未然に防ぐことができます。撮影は、10秒〜数分で完了します。撮影後すぐに現像処理し、短時間で結果を判定できます。
コンクリートの厚みは300mm〜350mmまで調査できます。また、100V・15Aの電源があれば調査可能です。
安全管理・・・・・撮影でのX線量は比較的微量ですが、有資格者による徹底的な管理で万全を期しておりますので、安全かつ迅速に作業が行えます。
X線は電気的に中性ですので、その他の機器に悪影響を及ぼすことはありません。また、空気中に残留するということもありません。

工事内容 .瀬ぅ筌皀鵐疋灰▲疋螢 工事内容 ▲瀬ぅ筌皀鵐疋灰▲疋螢
   
新築工事、改修工事の各現場において、25φ〜600φの穴あけ工事をしております。
品質におきましては安全第一、迅速かつ的確な穿孔はもちろん、穿孔前の養生から、清掃、後片付けまで、一つ一つの作業を丁寧に行うことを心がけております。
また、下から上に向けての施工や、アンカーレスでの施工なども可能です。
解体工事などにおいて、隣接建物、近隣地域に振動、騒音、粉じんをあたえない為に、連続コアにて縁切切断いたします。
また、ワイヤーソー、ウォルソーなどが使用できない場所にも連続コアにて開口工事を行います。

工事内容 道路カッター 工事内容 ワイヤーソー
   
ガス管、電気配管、上下水道等の埋設工事に伴うアスファルト舗装の切断やコンクリート、土間、滑走路の切断、工場の土間等のコンクリートの歪みによる亀裂防止の目地切りに使用できます。
低騒音ですので、夜間でも作業できます。
切削水の使用により、粉塵の心配がいりません。
排水処理もバキューム付きですので、汚れません。
深さ45cmまで可能です。
コンクリート構造物の解体に伴う騒音・振動・粉塵といった問題の中で活躍するのがこのダイヤモンドワイヤーソーです。
油圧駆動式のため、騒音、振動がなく、切削水を使用する為、粉塵の心配がいりません。
窓・ダクト・ドア・換気扇の各種開口工事から大型の鉄筋コンクリート構造物の切断、解体といった幅広い作業が可能です。

工事内容 ウォルソー 工事内容 非破壊検査(コンクリートX線探査)
   
ダイヤモンドウォールカットは、窓・ダクト・ドア・換気扇等の各種開口工事から大型の鉄筋コンクリート構造物に使用が可能で、消音ブレードの使用により低騒音で作業が行えます。
又、切削水を使用する為、ホコリの心配がいりません。
現在、改修工事等の各現場においてコア穿孔工事を行う場合、コンクリート(床、壁など)に埋設されている電線管や鉄筋、LANケーブル等が障害になります。    
それらの切断トラブルの回避、正確な埋設状態の確認の為に、内部レントゲン探査をお勧めします。
X線検査とは・・・・X線発生装置から照射されたX線がコンクリートを通過することにより、その内部情報が裏側にセットされたフィルムに写し出されます。医療用に使用されているレントゲン撮影と原理は同じです。
特長・・・・・コンクリート内部の埋設物の位置及び状態を正確に把握できるため、電気配線などの切断トラブルを未然に防ぐことができます。撮影は、10秒〜数分で完了します。撮影後すぐに現像処理し、短時間で結果を判定できます。
コンクリートの厚みは300mm〜350mmまで調査できます。また、100V・15Aの電源があれば調査可能です。
安全管理・・・・・撮影でのX線量は比較的微量ですが、有資格者による徹底的な管理で万全を期しておりますので、安全かつ迅速に作業が行えます。
X線は電気的に中性ですので、その他の機器に悪影響を及ぼすことはありません。また、空気中に残留するということもありません。

Copyright (C) 2009 Ishida Corporation